株式会社愛研 環境保全事業 モキ製作所の薪ストーブ普及販売 掲示板

 ここではコンテンツのほか薪ストーブ全般に関するご意見やご質問をお受けします。担当者が随時お答えいたします。
 もちろん匿名でかまいませんが、根拠のない誹謗中傷や、いわゆるスパム投稿は担当者の責任において削除することがあります。
 スパム対策として、あいことばを設けてあります。「森を豊かに」を普通に日本語読みして、それを全て半角大文字のローマ字にしたものです。
 投稿番号を利用して、ユーザーさん同士の会話もご自由にどうぞ。


Webページに戻る

合い言葉
お名前
メールアドレス
題名
ご意見
ご質問

幅可変
パスワード
(削除用)

参照URL

116 なるほど! 担当者 2017/04/28(金) 09:43:21 削除
いで爺さま、ありがとうございます。

タンクを空にしてから、エンジンをかけて使い切るのですね?

さすが……よく、頭に叩き込んでおきます。

はい、原木、地面から浮かせます!

……というか、先日、中腰で切ってたら、腰が死にまして……「馬」が欲しいですね(笑)

色々、楽しんでみます〜〜!!

115 追伸 いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/04/27(木) 18:56:27 削除
ソーオイルは気にしなくてもOKです。

ガソリン抜きで、言葉が足しませんでした。
タンクから抜いてから、エンジンをかけてキャブレターのガソリンを使い果たすのがミソです。
こうしないとキャブレターに残っているので、意味がありませんです。

玉切り作業は汗をかきますし、健康維持にはもってこい、是非楽しんでくださいませ。
あと、石はもちろん砂・土でもソーは切れなくなりますから、原木は必ず浮かせてから切断する事。

114 アドバイスありがとうございます! 担当者 http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html 2017/04/27(木) 11:06:28 削除
いで爺さま!!ソーなんですよ!!

いや、私、包丁とか自分で研ぐ派なので、なまじ心得があるので、目立て機には、本当に悩みまして……

ご紹介のものも検討しましたが、最後は、えい、丸ヤスリ一本で勝負だ!!という世界に落ち着いて、でも、刃の角度はガイドが欲しいということで、これにしました。

http://www.husqvarna.com/jp/patsu-akusesari/metate-dogu/yasurihandoru-ping-yasuriwan-yasurijian-yong/505697801/

真っすぐな部分を、ガイドバーに平行にすれば30度(ないし25度)の角度が出せるという優れものです。やってみたら一応、砥げました。

でも我ながらちょっと無茶がある気もするので、とりあえずハスクの目立てゲージも買おうかと悩んでいます。

http://ecoecomakistove.blog119.fc2.com/blog-entry-1559.html

デプスゲージはこれ(ページ下の方の「N-821-52チェーンソーデプス調整器」)が良さそうなので買いました。まだ出番はありません。

http://www.ni-co.jp/ec/products/detail.php?product_id=44

でも、私の「腕前」(そもそもありません)では、やっぱり「上刃切削角」までは、到底ちゃんと砥げそうもないので、最終的には、いで爺さまのおすすめの機械が必要かもしれません。この記事は、私が見た中で最も素晴らしい記事なので、右上リンクにも貼っておきます(私、この人からチェーンソー買いたくて、買いなおしたのです(笑))

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

ソーチェン専門WebShop サンキョーさん、教えて頂きましてありがとうございます!これはいいですね!

ガソリンは抜かなきゃならないのは、非常に大切だと学びましたが、ソーオイルはどうなんでしょう?大丈夫ということで良いんでしょうかね……ちょっと悩んでおります。

薪づくりの季節。私も一生懸命勉強し、またノウハウを蓄えつつありますが、なにしろ初心者です。またぜひ、色々ご教授下さいませ〜〜〜!!

113 目立て機も必要 いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/04/25(火) 18:15:02 削除
やっぱり買っちゃいましたか。
薪づくりには必須の機械ですよね。

ソーによって刃の角度が違いますし、ソーのメンテには欠かせないオレゴンの目立て機は必要ですね。
http://www.oregonchain.jp/products/sharpening.php?page=filing_guide

赤い方で十分だと思います。
それから予備のソーはホームセンターでも購入できますが、消耗品もいろいろ取り揃えているこの店を私は使っております。
http://chainsaw.shop-pro.jp/

参考にどうぞ。
もう一点アドバイス、長期間使用しない時はガソリンは抜く事!!
特に2サイクルエンジンのキャブレターに燃料を入れっぱなしにすると、ダイヤフラムのゴムが劣化しエンジンがかからなくなります。
これは私の経験から、結構懲りています。

112 ついに、エンジンチェーンソーを買っちゃいました!! 担当者 http://aiken-makiss.hatenablog.com/entry/20170316/1489617700 2017/04/20(木) 17:44:26 削除
右上リンクしましたブログの本編に関して、なが〜い後日談です(当該ブログのコメント欄に同じ文章が載せてあります。そちらの方が全リンクも有効で読みやすいかなと……)。

http://aiken-makiss.hatenablog.com/entry/20170316/1489617700

機械ものにはすごい拘る私、「よくわからないから」と、ずっと避けてきたエンジンチェーンソー、たまたま、こんなのを見かけたのです。「ハスクバーナ353」

http://www.agriz.net/servicect/index.html/2016/10/11/35316rt/

ブログに書いたように、私の好きそうなハスクバーナ。基本設計はプロ仕様の「346XP」という名機と同じらしい。パーツも共有。旧型の設計というのは、こなれていて、私はかなり好きなんです。欲しいな、と、まず思いましたが……8万円。やはり、高い。

でも、高いものには必ずわけがあって、そのへんに売っている1万円の自転車と、10万円の自転車は、使われているパーツ一つ一つの精度とか耐久性が違っていて(最近は、残念ながら、軽さとかスペック性能に走っているようですが)、長く使えるという意味での信頼性が全然違うのです。

どうせチェーンソーを買うなら「本当に」良いものがほしい。本当に気に入って大切にしようと愛着が持てるものが欲しい。

そこで、改めて、ハスクバーナの本当に良いチェーンソーってどんなのか??調べましたら……名機中の名機は「242XP」というものらしい。以前から私が好きだった(ブログでも引用しています)「オオマチさん」という方の記事。

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

「242XP」、オークションでも売ってました。2万円ほど。でも、さすがに、エンジンものの機械って、維持するのにはパーツをどうしても替えていく必要があるのです。こんな古い機械だと、そのパーツを手に入れるハードルも高すぎる。やはりそのオオマチさんのブログ。

http://oldchainsaw.jugem.jp/?eid=274

いくら名機でも「242XP」に私が手を出すのは、やっぱり、あまりにも無謀だろうと。で、この「242XP」の後継機種だったのが、「346XP」。「353」と「346XP」との違いは、「XP」という称号が与えられているかどうか。プロ仕様とは、なんぞや??どのくらい違うのか??探して見つけたのは、またもや、オオマチさんのブログ。

http://oldchainsaw.jugem.jp/?eid=188

うーん、「XPあり」のほうが、『耐久性なども数段上』か……

私は、やっぱり良いものが欲しいので、「353」が8万円なら、と、この際だから、それより安ければいいやと、中古の「346XP」をオークションで落札したのです。だって、エンジンチェーンソーはいずれは必要だし、名機「346XP」なら、プロ用だから自分で分解して整備することも設計の前提になっているし(私が考える良い機械の条件)、今も現役で普及しているチェーンソーだから、部品もノウハウも手に入りやすく、私にだって、なんとかなるはず。

一方、新品だとオークションでも12万円とかしてるし、その後の機種として、自分のブログで取り上げた「339XP」とかも今はどこにも売ってないし……

ところが、オークションで落札したあとから、気が付いたのですが、実は、他でもない、オオマチさんが「353」を売ってたという衝撃の事実!!

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

『信頼性や耐久性はプロ用XPとほぼ変わらないといえるでしょう。排気量、本体ベース346XPと同等で、この価格はすごいかと思います。なかなかいける商品ではないか』(オオマチさんの商品説明ページより)

……「XP」つかないのに、思いっきり、太鼓判、捺してるし……

というか、私は、もし同じチェーンソー買うなら、このオオマチさんから買いたかったけど、この人はプロ用対面販売が基本だと思っていたので、ご縁がないとばかり、思っていたのです。

機械ものが大好きな私。大いに拘ります。ちゃんとした機械ものを使おうとするなら、独学でもやれなくはないという自信はあったけど、やっぱり、ちゃんとした人とのご縁が持ちたい。

そういうわけで、損失は「授業料」と割り切って、オークションで落札した「346XP」はオークションで再び売却することにして、オオマチさんから「353」を買いました。こんなに高額の先行投資をするのは、薪ストーブ事業に賭ける私の覚悟でもあります。

馬鹿ですよね〜?私って(笑)

以上、むちゃくちゃ長文ごめんなさい。ブログの後日談でした。

111 いや、無煙は無理だと思います(笑) 担当者 http://irimoya.bbs.fc2.com/ 2017/03/28(火) 11:11:33 削除
いで爺さま!!ご無沙汰しております。書き込みありがとうございます〜〜

いで爺さまの「無煙」へのこだわりは、おそらくメーカー以上だと思います。樹種ごとの配慮も相当されていますものね。

でも、本当は、メーカーがそうあって欲しいですわね〜「無煙」なんて、今どき、安易に言わないとか……

で、カラマツです。温度を上げてから燃やしてもダメでしたか。やっぱり油分でしょうかね。実はモキの本社とか、デモで使われるのはカラマツの端材なんですよ。K様邸物語の最後でFさんが持ってきたのもカラマツでした。私は気になりませんでしたが……ともあれ、いくら焚き付けでもカラマツストーブの煙、「あれ」はないなと。

長くなりますが「いで爺さん」は、弊社ユーザーさんの間では、ちょっとした有名人になりつつあるんですよ?ブログでご紹介もしましたが、非常に的確な判断と、信頼できる正直な見解が尊敬するところです。

私が嬉しかったのが、カラマツストーブについてのいで爺さまの見立てです。お問合わせ頂いたHさん、読まれていらっしゃいますか〜?二人の技術屋(私はいで爺さまの足元に及びませんが)で見事に見解が揃いましたよ〜〜〜♪(笑)

で、モキも無煙かどうか??先ほど、動画を公開しました。ブログでは後日取り上げますが、ツィッターからでしたら今からでも飛べます。よろしければご覧ください。

それで、私もつくづく思ったのですが、いくら上手に燃やそうとも、無煙は無理なんですよね……いで爺さまの煙突掃除の話も、拝見しましたよ?リンクはこっちの方が良いと思います。右上にも貼っておきますね?

http://irimoya.bbs.fc2.com/

この煤を炉内に落とせるということ、これも、実は、モキの重要なセールスポイントなんですよ。実機を前に煙突掃除のことを説明するときには、たいてい説明するのですが、他の「高性能タイプ」の薪ストーブでは絶対にムリですよね〜♪

でも、それをWeb上で書いたのは、またもや、いで爺さまが「初」です!『空気調節バルブが1個なので、「バカチョン」と言いますか扱いが非常に簡単なのが良い』ということも、実はいで爺さまが「初」でした。

Web上での評価がケチョンケチョンのモキ製作所は、いで爺さまに感謝しなきゃいけないと思います(笑)

話を戻しますが、私がいで爺さまの記事でつくづく思ったのは、いで爺さまの燃やし方ですら(記事NO.105の右上リンク、煙突トップの状況)、ああ、やっぱり、煙道内に煤は「それなりの量」つくのだなあと。燃やしていらっしゃる量もすごく多いので、その割には、実際のところ煤の量は相当少ないのだとは思いますが……

だから、本当の意味での無煙は、やっぱり無理なんだなと。カラマツストーブは「論外」にせよ(「人家の少ない里山」ってのが、ホント、そうでしょうね)……

モキ製作所の薪ストーブ、開発されてもう数十年スパンですが、ようやく、その真価が見直されてきている、再評価されてきているような機運を感じます。メーカー自身が、自らの価値に気が付いていないのがナゾですが(笑)

いで爺さまは、図らずも、その「再評価」と現代版への改良の両方をなさっていらっしゃるという状況で、私も、いわばその尻馬に乗って仕事をさせて頂いておりますが、とっても楽しいです♪

今後とも、率直なご意見、ご感想、ご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!

110 無煙は無理でしょう? いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/03/27(月) 16:08:05 削除
焚き付けからカラマツとは、そりゃ〜煙「モクモク」でしょう。
私も数年前の大雪で折れたご神木の松を、処分に困り薪にして燃やしましたが...
天板の温度を400℃以上にしても、無煙にはなりませんでした。

より無煙にする「モキプレート」みたいな物も付いていない様ですし、恐らく大屋さまがモキストーブについて書かれている様に、500℃以上(炉内は800℃)に上げないと無理かなア〜。

と言う事は、人家の少ない里山でしか使えないストーブですよね。

それはそれとして、煙突掃除で出た煤の処理ですが、如何されていますかねエ〜。
自分は炉内に煤を落とし、そのまま焚き付け灰にして処理です。
手は汚れないし楽ですよ。
当掲示板の3.21の「煤の後始末」を参考にして下さい。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

109 今シーズン最後の情報提供 担当者 https://www.youtube.com/watch?v=6BAEbyJ4YfY 2017/03/24(金) 18:45:33 削除
手短に。

先日、弊社のユーザーさんになろうかどうか、考えて頂いている方から、「カラマツストーブ」というものについて、どう思うか聞かれました。

私の評価は「全然ダメでしょう」と。

その根拠の一つがこの動画(右上リンク)
https://www.youtube.com/watch?v=6BAEbyJ4YfY

これはひどい、と思ったのですが、よく考えたら、フェアでないですね。

モキでは、この種の動画がない。私も出していません。

逆に言えば、これ、ヒントになりました。
この撮影技術で良ければ、出せます。動画。

ホントに使えるのか?疑問に答えるべく、出してみたいと思います。

この問題で足踏みしている方、どうぞお楽しみになさっていてください。

銅が出しましたら、ブログにてご案内します!!

108 薪の調達と弊社愛知県外での設置対応の件 担当者 http://www.ai-ken.co.jp/makiss/secchi.html 2017/02/20(月) 09:56:20 削除
きんぎょさん

書き込みありがとうございます。

薪の調達などは、本当に様々で、薪ストーブを買われた皆さんはそれぞれに工夫してやっていらっしゃります。

それこそ「こんな工夫をしました」と人に話したいと思う方もいらっしゃるんじゃないかと思いますので、たぶん「知恵袋」とか、質問サイトで書き込みされてみると、自分の経験を話したりしたい誰かが、質問に答えてくれるんじゃないかと思います。

当掲示板、そういう使い方もしてほしいのですが、今のところ、皆さん「見守る」感じが強いので、回答可能な方、これを機会に、きんぎょさんからの質問にぜひアドバイス頂けますとありがたいのですが、とりあえず、ユーザーとしての実態を踏まえて私から回答しておきます。

ユーザーとしての私は、薪置き場も、斧すらなく、薪については非常に安易に考えて、ストーブを購入しました。けど、結果的に、モキ製作所の薪ストーブでしたので、1シーズンの光熱費を導入前よりも抑えながら、未だに斧も、立派な薪置き場もなしで、若干のご縁と工夫だけで運用できています。

我が家では、基本的に妻が薪割り以降を全部やってくれていますので、例えば40センチ以下の長さにカットされた木材が手に入るなら、重労働などなしでやれると思います。

そのあたりは、これから、ブログで、ちょっと丁寧に詳しく解説しようと思っていますので、また、お楽しみになさっていてください。

弊社による設置の県外対応ですが、可能です。予想外でしたが、現に、そっちの方が多くなってきている感じです。

最大のポイントは、家の本来の性能(雨漏り、耐震性はもちろん、気密性や断熱性、美観その他)を低下させることなく、煙突を設置するのは、家の建築のことを知り尽くした専門家が良いだろいうということです。

弊社はパートナーとしてM社長という見込んだ人にそこをお願いしますが、遠方では、M社長を連れて行くのはコストアップが激し過ぎる場合がありますので、たとえば、家の建築そのものを行う人と、私とのコラボレーションで家の建築と一緒に作業を進めることなどが、新築時では合理的かなと思います。

新築時は、誰に、どういうポジションで、何をお願いするかというのが、いちばんの肝になります(弊社Webコンテンツ、お読みかと思いますがリンク貼っておきます。右上のマーク)。

候補に挙がる関係者の中で、それぞれの人物の得意分野と、最大は信頼関係、人柄によって、「配役」を決めれば良いと思います。この「配役」を、本来、いちばんの権限者として決めることができるのが、家を建てるためのお金を出す人、きんぎょさんということになります。

http://www.ai-ken.co.jp/makiss/secchi.html

私を薪ストーブでのパートナーとして選んで頂きましたら、当然、与えられた条件下でコストと仕上がりでベストを尽くしますし後悔させない自信もありますが、私以外の「ベスト」だって、あり得るわけです。

例えば、私はモキ製作所の薪ストーブを合理性(これは、こうだから、こうするのが良い)に基づいて最高のコストパフォーマンスで設置することについては、たぶん誰にも負けないくらいの自信はありますが、鋳物製の薪ストーブを設置せよと言われたら、やれと言われればやりますが、自分自身の直接経験がないため、コストを下げる「さじ加減」、合理性についての判断ができず、教科書どおりの無難な設置をせざるを得ないため、最高のコストパフォーマンスで設置する自信は正直ありません(笑)

ですので、ご質問、あえて、まとめますと、薪の調達は「実際は、何とでもなります」(世間的には、今のタイミングなら、薪の調達合戦は始まったばかりなので)。

ただ、設置を誰にやらせるかは、当面の設置コスト(初期導入コスト)だけでなく、将来の長期に渡って、コストと安全安心、つまり幸せの度合いを決めるので(きんぎょさんが、煙突掃除に言及されているのは「さすが」です。大きな要素です)、よほど慎重にご検討されると良いかと存じます。

その時には、自分自身が一番欲しいもの、一番大切にされたいものは何か、たとえば、モキ製作所の薪ストーブと、鋳物の薪ストーブでは、方向性もまるで違いますので、そのあたりを、よくよくお考えになって頂くと良いのではないかと思います。

自分自身を見つめる真摯さが、良いご縁を呼び込みますので、夢を実現できるように頑張ってください。

きんぎょさんが、ご主人からの理解も得られるような、よいご縁に恵まれますように。

長くなりまして失礼しました。どうぞよろしくお願いいたします。

107 薪ストーブ検討中 きんぎょ knm_kim@me.com 2017/02/18(土) 03:58:12 削除
はじめまして。
薪ストーブ検討中のものです。
只今新築設計中で薪ストーブを設置したいと思っています。
しかし、薪の調達や煙突掃除などの問題があり主人から反対されてます。
実際に購入された方に薪の調達などされていますか?
購入された方たちはそのあたり、どう解決されてるのですか?
 
ちなみに、名古屋を拠点とされてるようですが、設置となると県外でも対応していただけるのでしょうか?

106 すみません訂正 管理人 2017/01/22(日) 21:44:27 削除
85度じゃなくて、85%でした。

ですから、角度に直すと……75度程度ですね。

横引き90センチ、煙突ラインが比較的スムーズでも、ちょっと、開けめにしないと、くすぶっちゃいます(笑)

ダンパーの調節が、おっしゃっておられたとおり、本当に肝ですね。iGブースターは。

105 いや……お見事です 管理人 http://bbs7.fc2.com//bbs/img/_769700/769606/full/769606_1484994194.jpg 2017/01/22(日) 21:38:32 削除
いで爺さま

書き込みありがとうございます。
ものすごく順調な燃え具合のようですね〜〜

ダンパー全閉で、バルブ10ミリというのは、住宅の気密が乏しい一方で、煙突のラインが優れているので出せる状態だと思います。

高気密高断熱だとダンパー85度くらい閉鎖で、バルブは20ミリは開けないとダメな感じでした。

それにしても、本当にお見事な煙突トップの焼け具合(右上のリンクです。写真。他の読者のみなさん)……

http://bbs7.fc2.com//bbs/img/_769700/769606/full/769606_1484994194.jpg

どれほど、無煙で上手に燃やされているのか。煙突掃除要らないくらいの勢いですね(笑)

サイトを覗くと、巷で木の処理に困った人助けもしながら、とっても具合よく暖かな生活をなさっていらっしゃるようで、本当に、モキMD80Uを入れて頂いてよかったですよね!!

電車の書き込みはハラハラしましたが!!!

シングルの煙突も平気で切っちゃうし(笑)

私も、そのくらいのことはできるようになりたいです。

でも余人にはできないことを、さらりとやってしまう、それが、いで爺さま。

開発頂いたiGブースターこそ、MD80Uの普及には、本当に、なくてはならないアイテムになっております!!

ノーマルの欠点を、本当に見事に解消してしまいましたもの……

茂木社長(茂木プレートの発明者。ご高齢ですが、今も社長さんです)も、弊社Webサイトは読まれている、と、伺っていますが……

ものづくりの心は死なず、というところだと思って頂いているといいのですが。

より良いもの、世の人々を幸せにできるものを、生み出していきたい。

そのあくなき想いこそ、ものづくりの原点ですものね。

売る方も、がんばりますね!!!

104 煙突トップの状態 いで爺 http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/01/21(土) 20:13:49 削除
西日本でも雪、寒い日が続いておりますが如何お過ごしでしょうか。

今年になって本来の広葉樹の薪をメーンに、温度が下がった時に杉・桧葉を補助的に焚いております。

巡航運転時の温度は350±50℃で、
@煙突ダンパーは全閉。
A空気バルブの間隙は約10mm。
 それ以下だと温度は下がるが、煙が気になる。
B煙は無煙、太い薪投入時は発火するまで少々。
C煙突トップの状態は、虹色に焼けている。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

我が家のような気密性のない古民家だと、350±50℃位で巡航運転時しないと薪ストーブの遠赤外線の恩恵が得られないでしょうね。

お蔭で風呂の脱衣場でも、寒さを感じないですよ。
MD80Uは我が家には、なくてはならない存在になりました。

103 設置の成否を決める最後のポイント 担当者 http://aiken-makiss.hatenablog.com/entry/20161228/1482882170 2016/12/28(水) 13:26:40 削除
えー、告知を先に。「超簡単薪ストーブ料理」のこの記事(右上リンク)に書きましたとおり、年末年始、無休で営業しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ♪

http://aiken-makiss.hatenablog.com/entry/20161228/1482882170

さて、いで爺さま、書き込みありがとうございます。

仰ること、薪ストーブの「正義」「本質」なんだと思うのです。

いかに「合理的に」、木という命を「資源」として有効に活用できるか。

開発いただいて弊社でオリジナルパーツとして扱っている「iGブースター」の価値は、まさに、この合理性と、有効活用の部分にあると考えています。

ノーマル版よりも、低出力側に、はるかに幅が拡がるし、おっしゃる通り、高出力運転ではメンテが本当に楽になりますよね!!

設置の問題で、最後は、「この問題」に帰着するのです。実際問題、どれだけ「きれいに」燃やせますか?と。

手に入る薪は?燃やす温度は??

無煙であればあるほど、全ての問題が「安心を保ちながらコストカットできる方向」に倒れていきます。

そのことが、普段の暮らしをどれだけ幸せにするか。

私が「メンテナンス」にやたらこだわるのも、ここなんです。モキよりも、性能自体は高性能な薪ストーブはあるかもしれない。けど「メンテナンス」も含めたら「絶対に」負けない。

いで爺さまも、北海道の検証者さんも、「こんなに良いものなら、ぜひ世の中に広めたい」という思いで一致したところです。

私が不甲斐ないばかりに、なかなか、思うようにいっておりませんが、もう、本当に全力で頑張りますので、ご支援、ご指導、今後ともよろしくお願いいたします!!

102 無煙化の推進 いで爺 http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2016/12/23(金) 17:54:04 削除
如何お過ごしでしょうか。

薪ストーブのメンテナンスには@灰取り Aガラス拭き B煙突掃除がありますが、
AとBは楽(簡素化)する事が出来る。
それは燃焼温度を上げて、煙を発生させない事。

出来れば針葉樹は燃やしたくないが、現実に屋敷周りを伐採した杉・桧葉・松の薪
が大量にある。
広葉樹より高めの400〜450℃になってから、杉・松を焚いて巡航運転していて
解った事、
@杉・桧葉は略無煙。
A松は脂による油煙が多いため、問題になる量ではないが無煙にならない。

その結果、
@ガラス拭きは、1週間おきに水拭き程度。
A煙突は、トップと立ち上がり部分にふわふわした綿状の煤のみ。
 タールは、一切付着していない。
タールが付着していないと言う事は、コンプレッサーのエアーで吹き飛ばすだけ。

もし頑固なタールが付着すると、バーナーで煙道火災を起こしてタールを燃やすしかないですね。
出来るだけ無煙化にする事で、維持メンテが非常に楽になりますよ。


101 炉台・炉壁のこと、結論だけ書いときます 担当者 http://www.ai-ken.co.jp/makiss/mokuji.html#rodai 2016/12/22(木) 11:48:17 削除
寒くなってきましたね……というか、この気温の乱高下。お身体、大丈夫でしょうか?

設置のお問合わせやご相談の中で、やっぱり、いちばん「誤解」が多いのが、炉台・炉壁の問題。

誤解が多いのも当然でして、あまりに根が深いので、こちらの一連の記事で、順々に、詳しく説明していこうとしているのですが……(右上のリンク)

http://www.ai-ken.co.jp/makiss/mokuji.html#rodai

ちょっと、間に合っていないので、結論と一番重要な理由だけ書いておきます。

炉台は、モキに関してはストーブ本体の遮熱板が効いていますので「作業スペース」以外の意味では「不要」です。

炉壁は、空気層だけ確保したら、お好みで。設置コストや耐震のことを考えたら、できるだけ重量が軽いものが良いです。

なお「レンガとかの重厚な炉台・炉壁」が要らない理由ですが……

炉壁を蓄熱させて、輻射熱による暖房効果を期待するというのは「モキでも」不可能です。

……そんな、あんな熱容量の高くて、そもそも暖まりにくいレンガのようなずっしりとしたものがですよ、例えば輻射熱暖房に必要な70℃(オイルヒーター並)の温度まで加熱されるなんて……

「薪ストーブごとき」が熱源では「あり得ません」。

以上、ご参考までに。

よろしくお願いいたします。

100 大活躍でしょうね〜〜 担当者 2016/11/30(水) 11:31:47 削除
いで爺さま!ご無沙汰しております!!書き込みありがとうございます♪

つい先日まで暑いとか言っていたのが、あっという間に薪ストーブシーズンですよね〜〜

そうなんですね?松はちょっと温度を高くすれば、ですか!!なるほど。

私のイメージの中では、いで爺さまは、薪ストーブを高温に焚かれて、普通は薪の調達が大変になるところ、ダンパーを閉じ気味にして燃費を非常に上手に抑えていらっしゃる「燠火の達人」です(笑)

きっと、これまでになく、暖かくお過ごしになられていることと思います。廃材も松もどんどん「再利用」、それでとっても暖かな冬の暮らしってホント素敵ですよね〜〜

で、開発頂いた「iGブースター」、良いですよ?ユーザーさんのニーズによって、低出力の使い方から、高出力まで、様々な使い方ができるのが、また魅力かもしれません。

ただ、煙突からの排熱を最小限に抑える、というのは、本当に「第一条件」であるような気がします。そこで生じる燻りの問題を解決するのがブースターの本質。

この「かつてない価値」を、多くの人に届けたいなと、私も頑張っております。

また今後とも、よろしくお願いいたします!!

99 同感です いで爺 http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2016/11/29(火) 20:22:30 削除
ご無沙汰しております。

杉・檜など針葉樹の廃材でも300℃以上で焚けば略無煙、松は脂があるので400℃でも少々煙が出ますが...
勿体ない話ですね。

私が言うのも何なんですが、ブースター絶好
調で非常に良いですよ。
熾火たっぷりの巡航運転になれば、煙突ダンパーは全閉状態です。
全閉による効果は、
@煙突からの排熱を最小限に。
A排熱が少ないため、炉内の温度が一定に保てる。
B燻焚きで燃費も向上。

など、MD80で良かったと毎日実感しております。

98 廃材、素敵なのに…… 担当者 https://twitter.com/aiken_makiss/status/803194236799565824 2016/11/29(火) 18:01:51 削除
寒くなってきて、お問合わせも増えてきましたが、まだまだ受付中です!どうぞ、ご遠慮なく!!

休日だろうが、夜中だろうが、私は、もう、目一杯働きます!!!

……それは、一人でも多くの人に「冬の幸せ」を届けたい、という動機も、もちろん強いわけですが……

こんな主張を見ると、私は、どうにも居ても立っても居られない気がするのです↓

廃材だけでは絶対に無理http://firepit.jugem.jp/?eid=1297

私は、声を大にして言いたい。

「いや!!それは、あなたの常識でしょう?!」

すなわち、廃材を焚くと、温度が上がりすぎるために、そもそも温度を上げないように燃やす設計のネスターマーチンか、メイスンリヒータみたいにブリックだけでできているものだけはなんとかなるけど、それ以外、絶対どのストーブも壊れる、と主張なされるわけですが……

モキでは、廃材こそ、大歓迎なのです。

……というか、ここが同じ「薪ストーブ」でも、感性が全く異なるのかもしれないな、と思うのですが、このお方、仕事できる人だろうとは一目でわかるけど……

「原木から作っていく薪」と「廃材こなし」の価値は全く違うという主張に、私は違和感を感じて、暗然とした気持ちになるのです。

廃材は焼却炉で処理するために燃やすのが、本来お似合いでしょう、みたいな、そういう「感性」。

違う、絶対に、違う。間違っている。

「命」という意味で、全く等価のはずなんですよ。命は、最後まで、最大限の価値で頂かないと「もったいない」んですよ。

昨夜、ちょうど、そういうことをふと思って、ツィッターでつぶやきました(右上リンク)。

https://twitter.com/aiken_makiss/status/803194236799565824

私なんかが、とりわけ嬉しいと思うお問い合わせは、

「廃材の山が出て、これ、もったいないからなんとか活用したいんだけど……モキ製作所の薪ストーブなら、薪として使えるのかな、と思って……」

みたいな動機を含んだ方からの、お問合わせ。幸い、弊社では多いです。

その「もったいない」という感性が、私は、何よりも嬉しいのです。「そうでしょう?!ええ、大丈夫ですよ♪」って。

……というか、たぶん、そういう感性がわからない方は、そもそも弊社に問合わせなんか絶対にしてこないだろうな……とも思いますし。

私としても、どうぞ「わざわざ」ナラなり伐採して、お金と労力をかけて、ステータス的な薪ストーブライフをやっていてください、みたいな。分かり合えないのは残念ですけど。

……だってね、美しく、ないんですよ……

なんで、高級機を中心とする鋳物ストーブが、廃材ダメなのか、追い詰めていくと、「意外な真実」にたどり着きます。

燃焼を、断熱材の中に閉じ込めるため、中心温度だけは「とんでもなく高温」になるんですよ。実は。でも、その熱の大部分は、活用されることなく、ただただムダになるという……

それは「命」の最後として、あまりにも美しくない。活かし方として不合理だろうと。

そこをモキだと、上手に「穏やかに」燃やして、熱エネルギーの大部分をポカポカとした暖かさとして取り出すことができるのです。

だから、私は、薪ストーブでもモキを普及させたいわけです。

……いや、すみません、気にせんでください。掲示板なので、気楽に「地の思い」を書きました。変な人でしょうけど、仕事上では、こんなことは決して言いません。普通の薪ストーブ屋さんです(笑)

ま、とりあえず、お問合わせ、絶賛受付中、ということでした♪

97 これは……上手(笑) 担当者 http://www.oriken.com/materials_004.html 2016/11/15(火) 08:25:41 削除
薪ストーブ、何が良いのか?

最近、このことをテーマに「薪ストーブ調理な日々」というブログを書いているわけですが……

この、業者さん、自分が業者だって明らかにしながら、すごい「礼賛」(右上のリンク)。

http://www.oriken.com/materials_004.html

オフシーズンの効用とか、ちょっと、無茶があるんでないかい?という気もしなくもありませんが、ここまで網羅的に、薪ストーブの何が良いのか、1ページで語った例は、私も見たことがなくて。

ご紹介しときます。

当Webサイトが1ページにまとまっているという驚異!!(笑)

最新のページ 前のページ 【1/6】 次のページ 最後のページ

管理者 : aikenmakiss