株式会社愛研 環境保全事業 モキ製作所の薪ストーブ普及販売 掲示板

 ここではコンテンツのほか薪ストーブ全般に関するご意見やご質問をお受けします。担当者が随時お答えいたします。
 もちろん匿名でかまいませんが、根拠のない誹謗中傷や、いわゆるスパム投稿は担当者の責任において削除することがあります。
 スパム対策として、あいことばを設けてあります。「森を豊かに」を普通に日本語読みして、それを全て半角大文字のローマ字にしたものです。
 投稿番号を利用して、ユーザーさん同士の会話もご自由にどうぞ。


Webページに戻る

合い言葉
お名前
メールアドレス
題名
ご意見
ご質問

幅可変
パスワード
(削除用)

参照URL

129 お勧め目立て機 いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/08/04(金) 22:03:29 削除
皆様いかがお過ごしでしょうか。

当方、相変わらずの玉切り作業をやっていますが、結構トラブルもあります。
それは針金を食った原木ですね。
一発で刃こぼれを起こすので、カッターを復活させるのが大変です。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

それで目立ての話、角刃を新品と同じく維持するには正確に研ぐ。
それにはカッターを固定する必要がある。
今まで使っていたオレゴンの数千円の目立て機はカッターを固定できないので正確性に欠ける。

それでカッターを固定できる、
http://www.stihl.co.jp/STIHL-製品カタログ/チェンソー-高枝カッター/メンテナンス工具/21061-1670/目立工具-FG-2.aspx

を使っていますが、正確で且つ作業が非常に楽になりました。
ちょっと高価ですが、角刃を刃が無くなるまで使いこなすとすれば良い工具だと思います。

樫の木の針金で角刃を2本刃こぼれさせましたが、ダメージの軽い1本は略復活しもう1本も時間の問題で復活すると思います。

廃材を薪にされる方は、特に釘に注意が必要かと思いますが、早めに気が付けばダメージを最小限に抑える事が出来るでしょう。


128 お金を有効に使うために 担当者 http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html 2017/07/19(水) 11:23:47 削除
暑いですが、今こそ、薪作りの季節です。よく乾きますから。

薪だけでなく、焚き付けの準備も非常に重要で、そちらは私として人生初、「セックスレス」の問題と絡めた文章としてFacebookの記事にアップしたところですが……

そちらはそちら、こちらはこちらで、チェンソー関係に絡めたお金の話を。

記事No.125で、いで爺さまとのやり取りもありましたが、どうやら、道具としてのチェンソーについて、性能を保ち、寿命を延ばすには、混合オイルの品質にこだわり、正しい混合割合など注意点を守って使うことが、とにかく大切なことのようです(右上リンク)。

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html

「潤滑油であると同時に不純物でもあります。」が至言です。

私が使っている2サイクルエンジン用混合オイルは、ハスクバーナ純正の1リットル1700円ほどのものですが、大町さんが薦める高級オイルは1リットル2500円ほど。

一方、その辺でのホームセンターでは1リットル1000円のもの(50対1)が売られています。それで良いじゃないか、そんな値段の差にふさわしい違いがあるのか?と私も正直思います。、

しかし、修理のプロ中のプロである大町さんによれば、混合燃料1リットルあたりにしてしまうと、14円の差だったり、30円の差しかないと。そしてエンジンにとっては、その値段以上の差があると。

非常に、説得力があるなあと思いました。

お金を惜しまない方が良い「本当に大切なこと」と、お金を惜しむべき部分という「切り分け」、何ごとも、これからますます難しく、ますます大切になっていくんだなと感じます。

お金を有効に使うためには、基本的な考え方と、具体的な情報が必要です。私はそれを発信している「人」で見分けるのが一番確実だと思っています。

ですので、私は、大町さんが最低限推奨するオイルを使い続けますし、皆さんにもそれを推奨します。

もちろん、薪ストーブに関しては、私自身が情報発信をする人として、そのように信頼される人物でありたいなと思っています。

そういうわけで、暑いですが、ちゃんとクーラーもつけるなり、涼しくして、お身体を大切に。

それでは!

127 ハスクのH21か、スチールのRSC325のどちらが良いか 担当者 http://bbs7-imgs.fc2.com//bbs/img/_769700/769606/full/769606_1498995514.jpg 2017/07/03(月) 17:37:22 削除
いで爺さま

予備のソーチェンの件、掲示板拝見しましたが……

すごい勢いで縦挽きしてますね!!切り屑がまるで緩衝材のようにも見えます(右上リンク)

http://bbs7-imgs.fc2.com//bbs/img/_769700/769606/full/769606_1498995514.jpg

薪ストーブユーザーによる353の有効活用としてはこれ以上の事例はないのではないでしょうか(笑)

さて、スチールのRSC325(角刃)は、かの大町さんもお勧めということで、わざわざ「おまけ」につけてくれたものですから、たぶん、そっちの方がH21よりも良いんじゃないかという気が私もします。

いで爺さまが、実際に指先で触ってみた感触もRSC325の方が鋭そうなら間違いないんじゃないでしょうか。

それにしても、目立ても、すごいですね〜〜

H21の上刃目立て角、たしか、標準だど30°だったような気がしますが(すみません、うろ覚え)、それを25°に浅くしたのは、縦挽き多用を意識してのことですか??

一方、横刃目立て角に関しては、ヤスリの仰角も標準の10°を0°にしようかとか、ちょっとだけフック気味にして食い込みをよくするわけでしょうか……すごい精密感。

でも、その精密感こそが、本来、角刃を使う醍醐味ですものね……

ともかく、縦挽き前提に、これだけ切れ味(と、スプロケット負荷の安全性)を厳密に追求しようとすると、やっぱり、精密な冶具も「必須」という気がしますね!

で、冶具としての精密さと生産性を両立させようとすると、本体ガイドバーにいちいちソーチェンをセットすることなく目立てができる専用スタンドが、とっても魅力的に見えます。すごい高価そうですが(笑)

冶具を使わない私なんか、もう、仰角が0°か10°か、そんなの「誤差」レベル、テンでバラバラです(笑)いで爺さまの掲示板を拝読すると、やはり、私なんて相当いい加減で、到底、そんな緻密さはないなと、よくわかります。

こうやって改めて考えると、道具へのこだわり、というか、問題意識というのは、本当に奥が深い世界と申しますか、いで爺さまはホンモノだと思うのです。

だからこそ、私なんかは、もともとはノーマルのMD80Uでも全然不満感じてなかったのに対し、いで爺さまは、iGブースターまで開発なさった、そういうことだと思います。

このソーチェンのことも、実際のところどうだったのか、また、いろいろ掲示板で書かれたり、こちらでもご教授ください。そこまで厳密にやられる方って林業でもなかなかいないと思いますので、世の中にとって有用な情報になるんじゃないかと思うのですよ。

どうぞよろしくお願いいたします。

126 皆さんだったら どっち いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/07/02(日) 20:52:15 削除
今日も大汗をかきながら、縦挽きをしました。

と言うのは、予備のソーチェーンをハスクにするか、それともスチールにするかで迷っていましたが...こっちにしました。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

125 うわーーー!!! 担当者 http://bbs7-imgs.fc2.com//bbs/img/_769700/769606/full/769606_1498641421.jpg 2017/06/29(木) 09:21:10 削除
いで爺さま

さっそく、353すごいですよね!!写真拝見しましたよ(右上リンク)、それですよそれ、太い広葉樹も、まるで豆腐のように……!!

ブログ(掲示板)でおっしゃっていたとおり、ともかく重いのが難点で、相当、腰を入れて作業しないと、私も一発で腰をやられます(笑)

というか、こんな重い機械、機械よりも、人間の方が、先に「オーバーヒート」してしまうような気がしませんか??(笑)

それはそれで、人間の身体には優しくて良いと思うのです。休み休みを入れながらの短い作業時間でも、353なら相当な仕事量が稼げますから……

私は、とても嬉しいです。いで爺さまなら、きっと、私なんかより上手に、合理的に、353を使いこなされるはずです。

2点

目立ての件、おそれいります。けど、正直、包丁と一緒で、刃先の「バリ」を残す方向、つまり刃元から刃先の向きでヤスリを動かせば、そう「悪化」はしないと思うのです。

私は電動チェンソーで練習した初期のヘッタくそな目立てでも、なんとかなったという実体験から、なんというか……怖さがなくなりました。ただ、それだけなんです。

だから、ペフォードダブルベベルも玄人のやる「刃先から刃元」方向ではなく、時間がかかっても丸ヤスリと同じ方向で慎重にやるつもりです(笑)

もう一点。オイルの混合比のことですが、大町さんご本人が、

『慣らし運転時に混合燃料を濃いめに作る方もいるようですが、チェンソーメーカーのオイル50:1は常に50:1に混合するようにしてください。』

http://www.omkihan.com/maintenance/tech/narashi/narashi.html

とおっしゃってますので、やっぱり、ここは、これまでさんざん整備&修理してきた機械のプロの言うとおり、50:1で使われたほうが、長い目でみたら、メリットあるのかな、と感じます。

ただ、オイルだけは、エンジンのためにはすごく良いのを使えって、うるさいです、大町さん。私もハスクバーナのオイルです。北九チェンソーの「オイル会員」になれば安く買えます(大町さん、会員登録方法の案内を忘れっぽいので要注意です)送料も安いです。

いつもすみません、余計なことを(笑)

でも、写真で見ても、こんな原木……ホントうらやましい……どれほど贅沢に薪ストーブ楽しめるかと。

また、刃がよく切れると、切ること自体が気持ちよくて……こう、刃が沈んでいく感覚が……私なんか、無償で依頼されても、切りに行きたくなります。変人ですね(笑)

これからいよいよ暑くなりますけど、353を相棒に、ぜひ、楽しく薪づくりに励んで下さいませ〜〜!!

124 353素晴らしい いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/06/28(水) 19:18:50 削除
大屋さま、ハスク353が届きました。

早速、試し切り。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

素晴らしい機械に巡り合えてよかったなア〜。
ところでスラッジの件ですが、20年ほど前にホームセンターで買ったタナカのチェーンソーに1:50を使って焼き付けを起こしたんですよ。
まあ〜、3流メーカーだから仕方ないかもしれませんが...
それから以降、どうせオイルも燃焼させる2サイクルなので、2サイクルエンジン搭載の機械には2倍の濃さで混合していると言う訳です。

大屋さま凄い、「フリーハンドでチャチャッと目立て」私には出来ない。
それからペフォードダブルベベルですって、平ヤスリで上刃を研ぐなんて...
寿命が来たソーでやってみたいとは思いますが、これから使いこなす大事なカッターを台無しにする事を考えたら...です。
私はオーソドックスに、オレゴンの目立て機かなア〜。

雨さえ降らなければ、353に頑張ってもらって薪づくり励みますよ。

123 ソーなんですよ 担当者 https://www.facebook.com/aikenmakiss/posts/1858090501106088 2017/06/28(水) 10:12:59 削除
いで爺さま

いや、本当におっしゃる通りでして……

目立てがチェンソーの本質であるというのは、私もつくづく思っておりまして、No.121の投稿で紹介した記事(右上リンク、再掲)にも

『目立てとか、刃物としての話に比べたら、チェンソー本体は、どんなを選ぶべきか、なんて、基本となる考え方は、本当に単純で簡単』

と書きました。

すなわち、本質的には、チェンソーどうするか?という話は、目立てをどうするか?という話そのものであって、もし目立てを自分でやらないなら、ソーチェンを都度「買い替える」しかない、つまり「使い捨て」を想定して、できるだけ安くて短いソーチェンを使えるような本体を選ぶしかない、という結論に、今なら、至るのですが……

私など、353を買うまで「角刃なにそれ美味しいの??」「目立て??聞いたことはあるけど」という状態でして……(笑)

でも、353購入をきっかけに勉強しまくって、今は作業の都度、電動チェンソーならフリーハンドでチャチャッと目立てができるまで上達しましたし(切り屑バッチリです)、これからRSC325を使う際にはペフォードダブルベベル(平ヤスリ)での目立てをやってやろうと、すでに購入済みです!!

http://oldchainsaw.jugem.jp/?eid=548

ただ、私は、一応、立場上、お客さんに必要に応じて「教える側」にもなりますし、刃物好きなので良いのですが……

こんな「趣味的」ともいえる世界を……その……どこまで、お勧めしたものか、ないし、「必須」と説明するべきか。

そういう意味では、いで爺さまのおっしゃるあたりが、一つの落としどころかなあ、と思います。私は都度フリーハンドでも現場で研いでしまう派ですが、そこは性格なんでしょうね、きっちりやられる性格なら「現場では交換して、持ち帰ってまとめて」が良さそうです。

今後とも、ご指導、アドバイス等よろしくお願いいたします!!

122 「目立て」頑張ろう いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/06/27(火) 20:37:30 削除
大屋さま、先日は当掲示板においで頂き有難うございました。

私は竹も切る事があるので、小型軽量の25APタイプしか使った事がありませんでしたが...
今回プレゼントで頂くRSC325(角刃)の切れ味が楽しみです。

ところで、どなたかが書いておられましたが、チェンソーの切れ味を決定するのは、
1.ソーチェン目立ての良し悪し
2.チェンソーのパワー
3.ソーチェンのタイプ

山仕事を本業として、カービングもやられている「でき杉」さんが、目立てについて書いておられますが生かすも殺しも目立て次第。
http://www.deki-sugi.com/up/metate2.html

目立ては根気のいる作業でして、特に刃こぼれを起こしたカッターを研ぐのは大変です。
カッターの状態は切粉で判断できますから、ちょっと細かくなったら予備チェーンに取り替えてその繰り返し。
予備チェーンを全部使い切ったら、まとめて目立てをしています。

エンジンが大きいからと言って力任せで切っていると、エンジンにも負担(オーバーヒート)がかかるし目立てを楽にするためにも早め早めの取替でしょうか。
目立ては結構奥が深いかも知れませんね。


121 「高価な道具」の本当の価値 担当者 https://www.facebook.com/aikenmakiss/posts/1858090501106088 2017/06/26(月) 12:02:09 削除
私のお勧めで、このたび、思いのほか多くのの方が、高価なハスクバーナ353チェンソーをお買い求めになられました。

私は353をコストパフォーマンスの「今後二度とないほどの」高さからお勧めしましたが、一方、ハスクでは135eという、コストパフォーマンス高さでは評判の安価なチェンソーがあります。

ハスク135eについては、私もこちらの記事でお勧めしております(右上のリンク)。

【薪ストーブのユーザーとして選ぶべきチェーンソーのまとめ―色々あって難しいように見えて、本当は別に難しくない】
https://www.facebook.com/aikenmakiss/posts/1858090501106088

「別に、135eで充分じゃないの?」という考えについては、私も、ずっと、自分自身の353のお勧めが「果たして、正しいのか??」という検証の中で、自問自答してきました。

それに関して、もちろん非公式な(個人的な)見解ではあるかと思いますが、機械(チェンソー)のプロ中のプロである大町さんから、メールで次のような言葉を頂きました。

>ハスクバーナ135eと比較すると3台分くらい価格がしますが、353は3倍以上の仕事、信頼性はあるかと思います。

>お客さんの仕事が少ない量だとオーバースペックな機械になるかもしれません。
>しかし、目立て等メンテナンスがいい状態ならば、仕事時間の短縮にはなります。
>時間短縮になれば肉体的精神的な疲労も軽減されるのではないかと考えております。

私は、嬉しかったです。安心しました。自分の感覚と検証結果を素直に信じて、お勧めしてよかったなと。

高価な道具は、最終的には、時間を買っているのだと思います。そこに、どれだけの価値を見出せるか。

人生を充実させようとして真摯に生きる人ほどに、時間というものに、多くの価値を見出すことになるかと思います。

高価な道具によって、普段のメンテナンスも、トラブルなどへの対応も、いろんな機会で「結果的に」節約できた時間を、例えば大切な人と過ごす時間に充てる、そのほうが人生は、ずっとずっと幸せだと思うのです。

私の「本業」である薪ストーブだって、結局は「時間」をお買いになられているのだと思っています。

単に設置費用を安く安くということなら、ある意味、いくらでも安くできる。

けど、それが将来に渡って、燃えにくかったり、家の機能との兼ね合いからトラブルを招いたりとかして、お客さまの時間の浪費(と心労)を増やしてしまうことが見えるのなら……

やっぱり、私は、設置費用をできるだけ抑えるのは当然として、お勧めするに足りる仕様にするために必要な「最低限の費用」は、お客さま自身に将来の時間を買っていただくという意味で、その価値についてご理解いただけるように、最大限努力したいなと思うのです。

現段階で、モキは「設置についても安くつく」というイメージが強いらしく、正直、設置費用が合わなくて失注もしております。

それはとても残念ではありますが、私がプロとして提供したいのは、あくまでも「薪ストーブをめぐる様々を含めた全体の幸せ」なので、実際に幸せにならないだろうと思うものを提供するわけにも参りません。我慢です。

そういうわけで、ハスク353のように安価な135eの3倍以上という話ではないですが(笑)安価な設置費用との差額の何倍にも大きな価値を、プロらしく自信をもって「実際に」提供できるように、さらに精進したいなと!!

そういう部分についての信頼こそが、私の財産だと思っておりますので、今後とも、忌憚のないご意見やご感想をお寄せいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

120 うっわー!!! 担当者 2017/06/25(日) 10:04:20 削除
いで爺さま

最後の一台、買ってしまわれましたか!!!!

いや……でも……一番、ふさわしい方に、353が渡ったな、と思っています。

実は、この353、一番合っているのは、私の知っている方だと、いで爺さまだよな……とは、薄々感じておりました。

いで爺さまのブログを拝見すると、すごい勢いで、活躍されていましたから。あちこちから「この木をなんとかしてもらえないか」と声をかけられながら。

でも、さすがに、お声がけするのは僭越に過ぎるだろうと。いろんな「大先輩」に対しては、私も身の程をわきまえなければならないだろうと。

それにしても、樹齢何年でしょうね?100年?150年?すごい財産。作業時間あたり、得られる薪の量はすごい「コストパフォーマンス」だと思います。

破格の18インチのハスク353は、知識と経験のある方ほど、それが生きるでしょう。私など、実は、宝の持ち腐れです(笑)

でも、いで爺さまのお役に立てたのかと思うと、本当にうれしいです。お客様のところで、やはり話題になるのですよ?いで爺さまのことが。

iGブースター付きで、焼き出しと納品説明デモをやると。皆さん、ノーマルは私の家でご覧になったことがありますから。扉を全閉にしたところからの「炎の様変わり」を見て。

これを作ったのは、どんな人ですか?って。

「もともとはモキの、いちユーザーさんなんですよ?……けど、すごい人でしてね……」って、ちょっと説明します。名前の由来も、北海道の検証者さんのことも。

皆さん、一様に、感心されます。

私は恵まれているな、と、いつも感謝しています(そうそう、iGブースター、初期ロットは、おかげさまで全てはけまして、現在、また製造を依頼しています)。

ですので、少しでもお役に立てたのなら、本当に、嬉しいのです。

どうぞ、健康維持、無理なく、楽しく、感謝されながら、汗をかいて、薪ストーブで暖まって……素敵な日々をお過ごしください。

また、ご連絡しますね?ブログでも、またぜひご活躍の様子を書かれてください。楽しみにしております。

それでは!

119 ♪よせばいいのに♪ いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/06/24(土) 20:14:07 削除
大屋さま、ハスク353頑張っていますか。
私も今年70歳、男の健康寿命の年代です。
60歳でリタイヤして、重機も購入して山小屋生活を夢見た方なのですが、病に侵されて計画を断念した同い年の方が居ます。
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/mycottage/index.html

自分の場合、重機はないけど100Kg前後の機械が結構あり、終活の事を考えると頭が痛いのですが...
「北九」の大町さんからハスク353最後の1台(18インチ)を買う羽目になりました。
大屋さまが掲示板に書いた時は、大木を処理する事はあり得ないと思っていたのですが、叔父とのお茶飲み話で直径80〜100Cmの原木を頂ける話が持ち上がったのです。
伐採して2年経過しているので、枯草に覆われて実態が良く分からないのですが、伐採した方の話では「軽トラだと20〜30台分はあるかなア〜ですって」。

当時は薪ストーブも無かったし、直径が30Cm以下の屋敷内の樹木や隣地の竹の伐採用に使っていたゼノアの35CCクラスではとても歯が立たない。
現在薪のストックは14立米位あるのですが、1シーズン4〜5立米燃やすと3年しかもたない計算。
宝の山に目が眩んだと言う訳です。

大屋さまの掲示板を見ていなかったら、15〜20万先の機械を買う事になっていたでしょうね。
だとすれば、このお宝は諦めていたかも...有り難い事で、また最後の1台と言うのが、何かご縁があったのでしょう。
汗をかく事は健康維持にはもってこい、良い仕事を頂いて有り難いと思っております。
70歳ですから無理なく気長にやりましょう。
お礼方がた書き込みました。

118 チェンソー、最後のお勧め 担当者 http://www.omkihan.com/zzz/husqvarna353.html 2017/06/09(金) 11:11:58 削除
薪ストーブ販売しているのに、突然、チェンソーのことばかり、どうしたんだ?と言われそうですが……

私から、皆さんに紹介するような「いい商品」というのは、もう今後「ない」のですよ……どこかの国が、ハスクバーナに発注ミスでもしない限り(右上リンク)。

http://www.omkihan.com/zzz/husqvarna353.html

確かに、11万円も出せば、誰もが認めるスチールの名機「MS 241 C-M」も「いつでも」買えます。でも、これすら、40ccクラスです。50ccクラスの案内のハスク353にはパワーでは到底敵いません。

先日、私のユーザーさん、この人も全然買うつもりなかったのですが、一緒に原木市場に行きまして、私の353を実際に使ってみて、結局、買われました。ちなみにその原木市場では「MS 241 C-M」が使われていましたが、プロの彼らから、私の353はやっぱり注目をされました。プロの仕事ぶりを見ていても自分のマシンは同等以上だったと思います。

チェンソーにパワーがあると、何が良いかといいますと、非常に食い込みのいい刃が使えるのです。非力なマシンでは、例えば「25AP」とか、よく言えば「スムーズに抵抗なく切れる刃」しか使えません。食い込みがいい刃では抵抗が大きすぎるのです。

すなわち、パワーがあるマシンで食い込みがいい刃を使うと、切れるスピードが25APなんかとは全然違います。あるいはガイドバーに挟まれる力がかかるような、かなりいい加減な切り方でもどんどん切れていく。これは、本当に気持ちいいです。時間の節約もすごい。

このパワーと、さらに、耐久性、信頼性のあるマシンが、このお値段というのは……もう、絶対に今後ありえないのです。しかも20万円近くするような名機と実質同等のモノの良さ。それが半額とかで。

加えて、それが「オオマチキハン」の時代から、チェンソーの世界では本当にプロとして名を馳せてきた有名な、「北九チェンソー」の、あの大町さんから買えるという、とんでもない安心感。予備の、すごく切れるソーチェンも2本もつけてもらえて、実質、業界最安値です。

こんな好条件って、もう、二度とないのですよ。

そういう「合理的判断」に基づいて、私、自分のユーザーさんなどに勧めてきましたら、3名の方が、私のお勧めを信じて購入されました。こんな高額商品で、信頼を頂いたことが本当にありがたく、身が引き締まる思いです。

で、残り、たぶん、あと1台か、あって2台です……

「今、お金がない」というのも、よくよくわかるのです。でも、このハスク353、大量の薪の原木を「自分で処理してくれればあげるよ」というご縁が、もしあれば、ホント、モキの薪ストーブなんかよりも(ごめんなさい(笑))、あるいは調理器具なんかよりも、絶対いい、間違いないって、本当に自信もって、お勧めしておきます。

ヘンな、薪ストーブ屋でしょう?(笑)

でも、私が提供したいものは、薪ストーブ、自然(森林)エネルギーを利用した、暮らしの幸せなんです。

その目的に、今、最も叶っている、「最後のチャンス」ということで、告知しておきます。

もし、「このチェンソー」に関心がありましたら、それだけを理由に、私に問い合わせいただいても全然かまいません(笑)

どうぞよろしくお願いいたします。

117 チェーンソー購入をご検討の方へ 担当者 2017/05/12(金) 15:45:34 削除
薪を自前で本格的に調達するならチェーンソー購入を考えることもあるかと思います。

私も、電動チェーンソーだけで自宅の庭だけでやってきましたが、そこはプロですので、「そういう世界」もご案内できないといけないだろうと奮発して良いものを買いました。

チェンソー、ハスク353、本当にお勧めです。

購入した「北九チェンソー」に送った私のメールが、こちらのブログで紹介されました。

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-1192.html

北九チェンソーは本当のプロでもありますので、安心料としても安いです。

よろしければ、当ページにご縁のあった方に、お勧めしておきたく。

こんな良いものが、こんな値段で、良い人から買える機会は二度とないと思いますし、残数わずかとのことですので、よろしければご検討なさっていただければと。

以上、ご案内でした〜〜♪

116 なるほど! 担当者 2017/04/28(金) 09:43:21 削除
いで爺さま、ありがとうございます。

タンクを空にしてから、エンジンをかけて使い切るのですね?

さすが……よく、頭に叩き込んでおきます。

はい、原木、地面から浮かせます!

……というか、先日、中腰で切ってたら、腰が死にまして……「馬」が欲しいですね(笑)

色々、楽しんでみます〜〜!!

115 追伸 いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/04/27(木) 18:56:27 削除
ソーオイルは気にしなくてもOKです。

ガソリン抜きで、言葉が足しませんでした。
タンクから抜いてから、エンジンをかけてキャブレターのガソリンを使い果たすのがミソです。
こうしないとキャブレターに残っているので、意味がありませんです。

玉切り作業は汗をかきますし、健康維持にはもってこい、是非楽しんでくださいませ。
あと、石はもちろん砂・土でもソーは切れなくなりますから、原木は必ず浮かせてから切断する事。

114 アドバイスありがとうございます! 担当者 http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html 2017/04/27(木) 11:06:28 削除
いで爺さま!!ソーなんですよ!!

いや、私、包丁とか自分で研ぐ派なので、なまじ心得があるので、目立て機には、本当に悩みまして……

ご紹介のものも検討しましたが、最後は、えい、丸ヤスリ一本で勝負だ!!という世界に落ち着いて、でも、刃の角度はガイドが欲しいということで、これにしました。

http://www.husqvarna.com/jp/patsu-akusesari/metate-dogu/yasurihandoru-ping-yasuriwan-yasurijian-yong/505697801/

真っすぐな部分を、ガイドバーに平行にすれば30度(ないし25度)の角度が出せるという優れものです。やってみたら一応、砥げました。

でも我ながらちょっと無茶がある気もするので、とりあえずハスクの目立てゲージも買おうかと悩んでいます。

http://ecoecomakistove.blog119.fc2.com/blog-entry-1559.html

デプスゲージはこれ(ページ下の方の「N-821-52チェーンソーデプス調整器」)が良さそうなので買いました。まだ出番はありません。

http://www.ni-co.jp/ec/products/detail.php?product_id=44

でも、私の「腕前」(そもそもありません)では、やっぱり「上刃切削角」までは、到底ちゃんと砥げそうもないので、最終的には、いで爺さまのおすすめの機械が必要かもしれません。この記事は、私が見た中で最も素晴らしい記事なので、右上リンクにも貼っておきます(私、この人からチェーンソー買いたくて、買いなおしたのです(笑))

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

ソーチェン専門WebShop サンキョーさん、教えて頂きましてありがとうございます!これはいいですね!

ガソリンは抜かなきゃならないのは、非常に大切だと学びましたが、ソーオイルはどうなんでしょう?大丈夫ということで良いんでしょうかね……ちょっと悩んでおります。

薪づくりの季節。私も一生懸命勉強し、またノウハウを蓄えつつありますが、なにしろ初心者です。またぜひ、色々ご教授下さいませ〜〜〜!!

113 目立て機も必要 いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/04/25(火) 18:15:02 削除
やっぱり買っちゃいましたか。
薪づくりには必須の機械ですよね。

ソーによって刃の角度が違いますし、ソーのメンテには欠かせないオレゴンの目立て機は必要ですね。
http://www.oregonchain.jp/products/sharpening.php?page=filing_guide

赤い方で十分だと思います。
それから予備のソーはホームセンターでも購入できますが、消耗品もいろいろ取り揃えているこの店を私は使っております。
http://chainsaw.shop-pro.jp/

参考にどうぞ。
もう一点アドバイス、長期間使用しない時はガソリンは抜く事!!
特に2サイクルエンジンのキャブレターに燃料を入れっぱなしにすると、ダイヤフラムのゴムが劣化しエンジンがかからなくなります。
これは私の経験から、結構懲りています。

112 ついに、エンジンチェーンソーを買っちゃいました!! 担当者 http://aiken-makiss.hatenablog.com/entry/20170316/1489617700 2017/04/20(木) 17:44:26 削除
右上リンクしましたブログの本編に関して、なが〜い後日談です(当該ブログのコメント欄に同じ文章が載せてあります。そちらの方が全リンクも有効で読みやすいかなと……)。

http://aiken-makiss.hatenablog.com/entry/20170316/1489617700

機械ものにはすごい拘る私、「よくわからないから」と、ずっと避けてきたエンジンチェーンソー、たまたま、こんなのを見かけたのです。「ハスクバーナ353」

http://www.agriz.net/servicect/index.html/2016/10/11/35316rt/

ブログに書いたように、私の好きそうなハスクバーナ。基本設計はプロ仕様の「346XP」という名機と同じらしい。パーツも共有。旧型の設計というのは、こなれていて、私はかなり好きなんです。欲しいな、と、まず思いましたが……8万円。やはり、高い。

でも、高いものには必ずわけがあって、そのへんに売っている1万円の自転車と、10万円の自転車は、使われているパーツ一つ一つの精度とか耐久性が違っていて(最近は、残念ながら、軽さとかスペック性能に走っているようですが)、長く使えるという意味での信頼性が全然違うのです。

どうせチェーンソーを買うなら「本当に」良いものがほしい。本当に気に入って大切にしようと愛着が持てるものが欲しい。

そこで、改めて、ハスクバーナの本当に良いチェーンソーってどんなのか??調べましたら……名機中の名機は「242XP」というものらしい。以前から私が好きだった(ブログでも引用しています)「オオマチさん」という方の記事。

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

「242XP」、オークションでも売ってました。2万円ほど。でも、さすがに、エンジンものの機械って、維持するのにはパーツをどうしても替えていく必要があるのです。こんな古い機械だと、そのパーツを手に入れるハードルも高すぎる。やはりそのオオマチさんのブログ。

http://oldchainsaw.jugem.jp/?eid=274

いくら名機でも「242XP」に私が手を出すのは、やっぱり、あまりにも無謀だろうと。で、この「242XP」の後継機種だったのが、「346XP」。「353」と「346XP」との違いは、「XP」という称号が与えられているかどうか。プロ仕様とは、なんぞや??どのくらい違うのか??探して見つけたのは、またもや、オオマチさんのブログ。

http://oldchainsaw.jugem.jp/?eid=188

うーん、「XPあり」のほうが、『耐久性なども数段上』か……

私は、やっぱり良いものが欲しいので、「353」が8万円なら、と、この際だから、それより安ければいいやと、中古の「346XP」をオークションで落札したのです。だって、エンジンチェーンソーはいずれは必要だし、名機「346XP」なら、プロ用だから自分で分解して整備することも設計の前提になっているし(私が考える良い機械の条件)、今も現役で普及しているチェーンソーだから、部品もノウハウも手に入りやすく、私にだって、なんとかなるはず。

一方、新品だとオークションでも12万円とかしてるし、その後の機種として、自分のブログで取り上げた「339XP」とかも今はどこにも売ってないし……

ところが、オークションで落札したあとから、気が付いたのですが、実は、他でもない、オオマチさんが「353」を売ってたという衝撃の事実!!

http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

『信頼性や耐久性はプロ用XPとほぼ変わらないといえるでしょう。排気量、本体ベース346XPと同等で、この価格はすごいかと思います。なかなかいける商品ではないか』(オオマチさんの商品説明ページより)

……「XP」つかないのに、思いっきり、太鼓判、捺してるし……

というか、私は、もし同じチェーンソー買うなら、このオオマチさんから買いたかったけど、この人はプロ用対面販売が基本だと思っていたので、ご縁がないとばかり、思っていたのです。

機械ものが大好きな私。大いに拘ります。ちゃんとした機械ものを使おうとするなら、独学でもやれなくはないという自信はあったけど、やっぱり、ちゃんとした人とのご縁が持ちたい。

そういうわけで、損失は「授業料」と割り切って、オークションで落札した「346XP」はオークションで再び売却することにして、オオマチさんから「353」を買いました。こんなに高額の先行投資をするのは、薪ストーブ事業に賭ける私の覚悟でもあります。

馬鹿ですよね〜?私って(笑)

以上、むちゃくちゃ長文ごめんなさい。ブログの後日談でした。

111 いや、無煙は無理だと思います(笑) 担当者 http://irimoya.bbs.fc2.com/ 2017/03/28(火) 11:11:33 削除
いで爺さま!!ご無沙汰しております。書き込みありがとうございます〜〜

いで爺さまの「無煙」へのこだわりは、おそらくメーカー以上だと思います。樹種ごとの配慮も相当されていますものね。

でも、本当は、メーカーがそうあって欲しいですわね〜「無煙」なんて、今どき、安易に言わないとか……

で、カラマツです。温度を上げてから燃やしてもダメでしたか。やっぱり油分でしょうかね。実はモキの本社とか、デモで使われるのはカラマツの端材なんですよ。K様邸物語の最後でFさんが持ってきたのもカラマツでした。私は気になりませんでしたが……ともあれ、いくら焚き付けでもカラマツストーブの煙、「あれ」はないなと。

長くなりますが「いで爺さん」は、弊社ユーザーさんの間では、ちょっとした有名人になりつつあるんですよ?ブログでご紹介もしましたが、非常に的確な判断と、信頼できる正直な見解が尊敬するところです。

私が嬉しかったのが、カラマツストーブについてのいで爺さまの見立てです。お問合わせ頂いたHさん、読まれていらっしゃいますか〜?二人の技術屋(私はいで爺さまの足元に及びませんが)で見事に見解が揃いましたよ〜〜〜♪(笑)

で、モキも無煙かどうか??先ほど、動画を公開しました。ブログでは後日取り上げますが、ツィッターからでしたら今からでも飛べます。よろしければご覧ください。

それで、私もつくづく思ったのですが、いくら上手に燃やそうとも、無煙は無理なんですよね……いで爺さまの煙突掃除の話も、拝見しましたよ?リンクはこっちの方が良いと思います。右上にも貼っておきますね?

http://irimoya.bbs.fc2.com/

この煤を炉内に落とせるということ、これも、実は、モキの重要なセールスポイントなんですよ。実機を前に煙突掃除のことを説明するときには、たいてい説明するのですが、他の「高性能タイプ」の薪ストーブでは絶対にムリですよね〜♪

でも、それをWeb上で書いたのは、またもや、いで爺さまが「初」です!『空気調節バルブが1個なので、「バカチョン」と言いますか扱いが非常に簡単なのが良い』ということも、実はいで爺さまが「初」でした。

Web上での評価がケチョンケチョンのモキ製作所は、いで爺さまに感謝しなきゃいけないと思います(笑)

話を戻しますが、私がいで爺さまの記事でつくづく思ったのは、いで爺さまの燃やし方ですら(記事NO.105の右上リンク、煙突トップの状況)、ああ、やっぱり、煙道内に煤は「それなりの量」つくのだなあと。燃やしていらっしゃる量もすごく多いので、その割には、実際のところ煤の量は相当少ないのだとは思いますが……

だから、本当の意味での無煙は、やっぱり無理なんだなと。カラマツストーブは「論外」にせよ(「人家の少ない里山」ってのが、ホント、そうでしょうね)……

モキ製作所の薪ストーブ、開発されてもう数十年スパンですが、ようやく、その真価が見直されてきている、再評価されてきているような機運を感じます。メーカー自身が、自らの価値に気が付いていないのがナゾですが(笑)

いで爺さまは、図らずも、その「再評価」と現代版への改良の両方をなさっていらっしゃるという状況で、私も、いわばその尻馬に乗って仕事をさせて頂いておりますが、とっても楽しいです♪

今後とも、率直なご意見、ご感想、ご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!

110 無煙は無理でしょう? いで爺 a-ideno@agate.plala.or.jp http://www2.plala.or.jp/ideno/index.html 2017/03/27(月) 16:08:05 削除
焚き付けからカラマツとは、そりゃ〜煙「モクモク」でしょう。
私も数年前の大雪で折れたご神木の松を、処分に困り薪にして燃やしましたが...
天板の温度を400℃以上にしても、無煙にはなりませんでした。

より無煙にする「モキプレート」みたいな物も付いていない様ですし、恐らく大屋さまがモキストーブについて書かれている様に、500℃以上(炉内は800℃)に上げないと無理かなア〜。

と言う事は、人家の少ない里山でしか使えないストーブですよね。

それはそれとして、煙突掃除で出た煤の処理ですが、如何されていますかねエ〜。
自分は炉内に煤を落とし、そのまま焚き付け灰にして処理です。
手は汚れないし楽ですよ。
当掲示板の3.21の「煤の後始末」を参考にして下さい。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

最新のページ 前のページ 【1/7】 次のページ 最後のページ

管理者 : aikenmakiss